南半球で最初にトリュフ栽培に成功

西オーストラリアにおいて、ワイン&トリュフ・カンパニーが南西地域のマンジマップ近く、ヘーゼルヒル・エステートで1997年にトリュフの栽培を開始しました。この地域が選ばれた理由として、気候と土壌の要素がフランスのトリュフを産している地域に類似していました。そして13,000本を超える木々が植樹され、オーストラリアで最も広大なトリュフ農園が作られました。

樹齢7年以上の木根にはすべて黒トリュフ細菌類によく感染し、広く菌根の活動は伺えます。ニコラス・マラジュック博士によって実施されている会社のトリュフコンサルタントとトリュフ生産に作用する要因となっている研究は、パースにあるマードック大学の彼の生徒によって進められています。ここのトリュフは6月から8月の間に収穫されます。そして、成型したトリュフとして販売できないものを加工品として贅沢に使用します。無添加無香料。

anzfoodの調味料を使った
おつまみをご紹介。

トリュフ加工品 商品一覧

おすすめの商品こちらの商品も合わせてどうぞ。

ANZ FOODロゴ

人気のレシピ

  1. 豆腐とマスタードがあればOK!
    和食にも合う、スパイシー
  2. 定番のビフカツをちょっとだけ捻ってみたくて
  3. コクがある[レザーウッドハニー]を使ったわりしたで、すき焼き&赤ワイン

PAGE TOP